カテゴリー : RepRap

FoldaRap組み立て中(その1)

ようやくパーツが集まったのでゆっくりと組み立て中です。 ただ、やはりというか組み立てながら納得行かないところとかは随時変更しているので時間がかかりそうな予感です。SONY DSCSONY DSC

大枠のフレームとヒートベッドはだいたい形になってきました。

SONY DSC SONY DSCSONY DSC

続きを読む

Foldarapのパーツがようやく集まりました。

年末年始を挟んでしまった結果、全然パーツが到着しない状況になっていましたけれど、ようやくすべてのパーツがそろいました。そのまま組んでも面白くないので若干修正して組む予定です。

SONY DSCSONY DSC

現状でそんなに急ぐ予定もないのでゆっくりと組んでいきたいと思います。

続きを読む

Orca 0.42のDualExtruder作成中(とりあえず完成)

前回でようやく形になったDualExtruderでのプリント結果です。プリントしてわかったこととしては、ホットエンドはメイン側を心持ち下げたほうが(下げないと)正常にプリントが終わりません。(プリントが終わった部分を引っ掛ける)

SONY DSC

素材がPLAでperimeters/infillを白/黒と白/クリアでテストしてみたテストピース

SONY DSC

今度は、造形物を白でサポート材を黒にしてテストしたテストピース。素材はPLAです。

SONY DSCSONY DSC

続きを読む

Orca 0.42のDualExtruder作成中(その3)

ようやく注文していましたMk7ドライブギアが到着しましたので早速組んでみました。

SONY DSC

ホットエンドが1つの時にはあまり考えなくても良いのですが、ホットエンドが2つあると先端部分の高さを揃えないと積層に失敗するので揃えて上げる必要があります。 あと、X軸の可動範囲が240mm⇒200mmと40mm程狭くなってしまいました。(デュアルになったことでヘッド幅が広がったことによる可動範囲の減少)実際の積層範囲はシングルで170mm程度、デュアルだと140mm程度になってしまいそうな感じです。(ヘッド間隔分プリント可能範囲が狭くなってしまう現象) 元の積層可能範囲から考えると相当小さくなってしまうことになります。ただ、これ以上ヘッド間隔を詰めることは構造的に難しいような気がするのですけれど…。大物のプリントの場合にはシングルヘッドに換装してプリントすればいいだけなのでよしとします。 続きを読む

Orca 0.42のDualExtruder作成中(その2)

今回は、シングル構成でのエクストルーダーの設計を生かしてデュアル構成に設計を変更した物を使って作成しました。 ホットエンドは前回で既に搭載済みなので穴位置を含めてそのあたりが確定済みとなっているのが設計上の大きな制約というかになります。 いろいろと、苦労しましたがなんとか設計とプリントが終わって載せることが出来る状態になったので書いています。(当然のことながらドライブギアはMk7を使用)

orca_micro-dual_extruder_v1-11

続きを読む

Orca 0.4x用ダイレクトエクストルーダー(その2)

前回はMk7ドライブギアを使用して作成したダイレクトエクストルーダーですが、注文していた「Micro Extruder Drive Gear – 1.75mm Filament」(以降Gear175)が到着したので若干設定と手を加えて作成してみました。

ドライブギアの比較写真はこのようになります。 Gear175/Mk7

IMG_6019 (1)res

Gear175は溝の深さがMk7とは違うためにフィラメントとギア位置の調整が必要になってしまったのでV1を修正してV2としました。ほとんどパラメタの調整だけで対応できる範囲でしたが、せっかくなので50mmボルトをスタッドに使えるように修正(60mmは普通に手に入らないので)

結果としては、このドライブギアではうまく動きませんでいた。微妙な違いなのでしょう、摩擦力が足りない様でフィラメントをうまくおしこむ事が出来ないようです。PLA素材であれば問題なく使えるのですがABSで使用しようとすると無理があるようです。mendel-partsのV10ホットエンドも影響している様に思いますが、現状で唯一まともにABSを遅れるのはオリジナルのMk7だけと言うことになります。

続きを読む

ホットエンドPID制御値の自動調整機能

Reprapで使われているファームウェアはほとんどの方はMarlin の系列を使用していると思います。
機種ごとにカスタムされている場合もあるとは思いますが…。)

ホットエンドのヒーターのPID制御(フィードバック制御)に関しては”PID settings”セクションで設定されています。機種ごとの基準値で使用していると思いますが、制御値はヒーターとサーミスタの組み合わせで変わってしまいます

そのため、機能として自動調整機能が実装されているので設定方法について記載します。試した限りでは、設定値までホットエンドの温度が上昇するまでの時間が短くなる、温度の変動幅が少ない等の効果が確認できています。

  1. 以下の行をコメントアウトしてからファームを書き込み
    ”PID settings”セクション
    #define PIDTEMP

    ”EEPROM”セクション
    #define EEPROM_SETTINGS #define EEPROM_CHITCHAT

    ”LCD and SD support”セクション
    #define ULTRA_LCD //general lcd support, also 16×2
    #define SDSUPPORT // Enable SD Card Support in Hardware Console
    #define ULTRA_LCD //general lcd support, also 16×2
    #define SDSUPPORT // Enable SD Card Support in Hardware Console
    #define ULTIMAKERCONTROLLER //as available from the ultimaker online store.
    #define ULTIPANEL //the ultipanel as on thingiverse
    #define REPRAP_DISCOUNT_SMART_CONTROLLER

  2. ホットエンドが冷えた状態であることを確認する。(常温程度)
  3. 「Printrun」の右下のコマンド入力窓より”M303”を入力して”send”をクリックする。

この後、自動的にホットエンドが150℃まで温まる過程で制御値の自動調整が行われます。

続きを読む

Orca 0.4x用ダイレクトエクストルーダー

前回前々回とダイレクトエクストルーダーギアについて書いてきましたが、まとめた上で設計変更を繰り返してようやく完成したダイレクトエクストルーダーです。

orca_micro-extruder_v1-22

結局のところ、DualExtruderがうまく動かなかった原因はエクストルーダーギアにあったという結論です…。Orz

続きを読む

ダイレクトエクストルーダーのドライブギア(その2)

前回は手持ちのダイレクトドライブ用のギアが1種類しかなかったことが敗因でした。

今回は純正のMK7、Plain Coupling Insert 5mm、Micro Extruder Hobbed Gear (1.75mm Filament)の3種類を用意してみようとしていたのですけれど注文して3日でMK7が届きました。

で、見てみるといま持っているMK7コンパチとドライブの歯の部分の形状が違っているようです。

IMG_6017 (1)res上がMK7、下がコンパチ

続きを読む

フィラメントの射出速度と積層スピードの関係

積層速度をどの程度まで上げてもプリントできるのかを知りたかったので、射出速度との関係を計算してみました。

G-Codeの”G1″コマンドでフィラメントを送る際には実際のフィラメントを送るスピード(mm/min)で指定しますが、実際の積層に関しては使用するスライサーに設定するヘッド移動速度でしています。 そのため、どのあたりまで設定速度を上げても大丈夫なのかは計算して求める必要があります。

考え方的には、フィラメントの温度を射出したい温度に合わせてインターフェイスソフト(又はG-Code)で射出速度(mm/min)を指定して20mm程度フィラメントを送ります。 段階的にスピードを上げていって、送れなくなるスピードがあると思います。その速度が設定温度で送れるフィラメント速度の限界となります。

そこで、表を「Filament Speed(mm/min)」で判明した最高速度を見ると積層厚ごとの最高速度がわかります。 実際には75%位を安全値にとったほうがいいと思います。

Parameter FlowRate Diameter Nozzle Size Layer Thickness
Unit   mm mm mm
Ext1 1.00 1.75 0.4 0.25
             
             
  Layer Thickness
0.15 0.2 0.25 0.3 0.35
Filament Speed
(mm/min)
10 6.7 5.0 4.0 3.3 2.9
20 13.4 10.0 8.0 6.7 5.7
30 20.0 15.0 12.0 10.0 8.6
40 26.7 20.0 16.0 13.4 11.5
50 33.4 25.1 20.0 16.7 14.3
60 40.1 30.1 24.1 20.0 17.2
70 46.8 35.1 28.1 23.4 20.0
80 53.5 40.1 32.1 26.7 22.9
90 60.1 45.1 36.1 30.1 25.8
100 66.8 50.1 40.1 33.4 28.6
110 73.5 55.1 44.1 36.7 31.5
120 80.2 60.1 48.1 40.1 34.4
130 86.9 65.1 52.1 43.4 37.2
140 93.5 70.2 56.1 46.8 40.1
150 100.2 75.2 60.1 50.1 43.0
160 106.9 80.2 64.1 53.5 45.8
170 113.6 85.2 68.1 56.8 48.7
180 120.3 90.2 72.2 60.1 51.5
190 126.9 95.2 76.2 63.5 54.4
200 133.6 100.2 80.2 66.8 57.3
210 140.3 105.2 84.2 70.2 60.1
220 147.0 110.2 88.2 73.5 63.0
230 153.7 115.3 92.2 76.8 65.9
240 160.4 120.3 96.2 80.2 68.7
250 167.0 125.3 100.2 83.5 71.6
260 173.7 130.3 104.2 86.9 74.4
270 180.4 135.3 108.2 90.2 77.3
280 187.1 140.3 112.2 93.5 80.2
290 193.8 145.3 116.3 96.9 83.0
300 200.4 150.3 120.3 100.2 85.9

filamentspeed.xls