USBメモリからのDOS起動

いろいろと(悪さをしたりとか)便利なのでいつも持ち歩いているUSBメモリからOS(DOS)を起動してNTFSにアクセスできるようにしてみようとして昨日今日と仕事中にがんばってみました~!!

いやはや、機種固有の問題みたいな物もあって結構大変です・・・。

DOSとして使えそうな物としては

フリー版
・FreeDOS
・DR DOS 7.03/V

商用版
・MS-DOS
PC-DOS

とりあえず、容量が少ないほうのFreeDOSからチャレンジしたんですがThinkPadとの相性悪いみたいでCommand.com読んでこない・・・。(これ結局はUSBメモリの容量が128MB以上のパーティションを確保すると読めなくなるみたいです)

いろいろ弄り回しましたが起動できずに撤退、次はDR DOS 7.03/Vのほうで挑戦!

まあ、こちらのほうはここあたりの情報を参考にインストール!

ちなみに、NTFSにDOS上からアクセスするときには日本語ドライバを入れないようにしましょう。

苦労してドライバとかを組み込んでもNTFSアクセス用のソフトを常駐させると動きが怪しくなるようです。

注意するところはそのままインストールするとThinkPadではEMMドライバ周りの問題でしょうか、起動しません・・・。

なので、Config&Autoexecを書き換えてメモリ周りはとりあえずはずしたほうがよいかもしれません。

ここまでくれば、あとはNTFSにアクセスするためのソフトを入れてあげれば大丈夫~。

今回はNTFSDOSなんてのを使ってみましたが、NTFS4DOSなんてのもあるみたいです。

データの救出とかに使うのであればフリー版のNTFSDOSで十分使うことができると思います。

久々にFDPCなんて使ってしまいました。(コマンドとか忘れててDOC読んでしまいました)

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。