MQCX(Rev2)組み立てトラブル中

さてさて、ここのところ新型クアッド組みながら検証とかしていました。まずは、ずっと引っ張っている感じのDC-DCステップアップ回りに問題があります。ピッチがかなり狭いので色々と工夫しているのですが、チップ変更したのが悪いのか燃えました。3つも燃えました。何とかする方法を模索しないといけません。最悪、以前使っていたチップに戻すことも視野に入れて考え中です。あれならば、こつは必要なんですがなんとか手付けすれば動くことわかっているので…。

もう一つ、増設コネクタ用に使うDF40取り寄せたんですがの4隅に接続されてない端子があってぴっくり。相変わらず、データシート読めといった感じですな。

■失敗した基板たち…。

IMG_6935

相変わらず検証しないで回路引いたところでトラブりまくってます。あと、明け方には電源の逆接続とか3.3V系に5V入力とかあまり考えなくないことしてチップ燃やしてみたりとか。

そんなこんなでふてくされてマウンタの設計とか他の事をしていました。

■新型モーターマウンタ

MQCX_m-mount_r2_v5_p2

基板サイズが小さくなったのでモータースパンがかなりつめられそうです。具体的にはモータースパンで60mm位までいけそう、55mmローター込みで115mm位かな?40mmのローター使えば100mmとかも行けそうな感じです。その辺りはおいおいいじっていきたいですが、現状は7x20mmのモーター+55mmローターで行きたいと思います。

■最小サイズだとこんな感じ(スパン間隔60mm)

IMG_6929 IMG_6932

いままでよりも40mm近く小さく出来ます。まさに手乗りサイズ

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。