T-962リフローオーブンを再び改造する(その3)

懲りずに設計変更しますよ。しょうがないので上下で分割する形に設計をやり直してフィンの部分は差し込み式に変更。フィンの部分はあとで形を変えられるようにしてみます、MDFをレーザーで切ったフィンと組み合わせるとこんな感じの物体ができてきます。

これを、25mm厚の12cm角ファンとレーザーカットしたMDF組み合わせてみるとこの様になります。ちょっと大きさあわせてみたらギリギリすぎるような気がしないでもないですが、とりあえずパネルに取り付けまではうまくいきました。

どこまで改造したらちゃんと動くのかなとか遠い目をしてしまいそうですが、換装した結果はこんな感じです。全領域で左右の温度差が6度以下で安定しているように見えます。以前はファンを回したときに温度差が30度超えてた所から考えるとかなりの改善です。

ある程度動きそうなので、ちょっと不安定な気がする増設基板部分を再設計してさらに安定性を高めてみたいですね。

 

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。